注意するべき健診の代行業者活用におけるポイント

注意するべき健診の代行業者活用におけるポイント

近年、労働衛生安全法で国によって義務付けられている健康診断は企業が実施する必要があります。健康診断を実施する方法として、会社内で実施、従業員に会社指定の医療機関で受診してもらうなどの方法があります。企業の従業員の人数や業種によって、最適な方法で実施するのが良いのですが、健康診断には、多くの種類があり、必要のない検査項目もありますので、注意が必要です。こういった作業には多くの時間が割かれるため、最近は健診の代行サービスが増えています。健診代行サービスは、健診の内容やスケジュール、医療機関への料金の支払いなどの業務を全て代行してくれます。こういった代行サービスは、全国の医療機関などと提携していることが多いので、健診を受ける方の病院も容易に探すことが出来、結果のとりまとめなどもスムーズに行ってくれます。ここでは、健診の代行サービスについて説明します。

自社に合った健診代行サービスを探す方法

健診代行サービスは、インターネット検索で複数ヒットしますが、その中から自社にとって最適な健康診断を探すためには、代行サービスの各社のホームページを良く見て検討することが大切です。また、自社が全国に事業所がある場合は、代行サービスが提携している医療機関や病院が事業所の近くにあるかを確認して下さい。従業員がたくさんいる会社は、健診の予約やキャンセルの業務を行うだけでも大変なので、そういった業務をどのように行ってくれるかも事前に確認しておくことをお勧めします。健康診断結果もWEB上で管理してくれるかどうかも重要なポイントです。健診代行サービスを依頼する場合、費用についても複数の代行業者から見積もりをとって、自社の予算とサービスの内容をよく検討して決めて下さい。不明な点があれば、直接電話で聞いてみるのも良い方法です。

健診代行サービスを利用するメリット

近年は、健診や健康管理を代行サービス業者に依頼する会社が増えてきています。企業によってはノウハウやリソースがないのが原因ですが、専門業者に委託することで多くのメリットを得られます。1つはコストダウンが図れます。実質的な作業を行うのは代行サービス業者であり、多くのノウハウを持っている専門業者ですから、作業も効率化することが出来ます。人材育成と作業ノウハウに掛ける手間と時間と費用が削減できます。2つ目に、会社の財産とも呼べる従業員の健康を守ることが出来ます。会社にとっての一番の財産はそこで働く従業員です。従業員の健康を守ることが会社を守ることに繋がります。また、雇用リスクを軽減することにもなります。健康経営が大きく叫ばれている現在、会社の健康管理状況を見直す良いチャンスです。自社でやることが難しいのであれば、代行業者に委託するなど、上手く活用して健全な会社を目指して下さい。